明日もこうして終わるんだね

生きるって何だろうっていうブログ

反出生主義が浸透しても人間は生まれ続けるが超少子化は続く

このブログの視聴数1位の日記がタイトル「反出生主義」だったりするんですが、反出生主義が社会に浸透しても人間は生まれ続けるよなと言う日記。

 

そもそも異性とセ〇クスしたいじゃないですか、気持ちいいし愛を感じるし。本能は止められないんですよ。だから反出生主義が浸透して行っても何にも考えてない馬鹿は子供を産むのです、だって絶頂ア〇メ中〇しS〇X(長いので以下「絶X」)なんて男からしたら征服感凄いもの。

 

ただ、日本では超少子化になってますよね。これだけ絶Xは気持ちいいのになんでだろうと思ってネットで調べてみました。そうすると内閣府のページにいろいろ情報が載ってるんですよね。どうせ御用学者の作文だろとか思ったんですが中々信じられるかなと思いまして引用いたします。

 

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan
第2章 なぜ少子化が進行しているのか

www8.cao.go.jp

 

第2章を読むと未婚の理由として1位は「適当な相手にめぐり合わない」って書いてあるんですよ。確かに社会人やってると出会いが無いなとか感じています。

 

そして次のリンク。

第2章 8.(4)結婚していない理由

www8.cao.go.jp

結婚していない理由の1位は「経済的に余裕ができること」になってるんですよ。

適当な相手にめぐり合わないのが原因なのかお金がないのが原因なのかわからない。

 

 

良く読んでみると「結婚していない理由として「適当な相手にめぐり合わない」をあげた回答者(1,894人)が、
どんな対策が結婚を希望する未婚者のために重要だと考えているか(p.148参照)をみると、
男女とも全体の傾向と同様に「雇用対策をもって、安定した雇用機会を提供する」(男性47.9%、女性が50.1%)が
最も多くあげられている(図表8-4-5)。」と書いてある。

 

なるほど、「適当な相手にめぐり合わない」原因が「経済的に余裕が無いから」という事ですか。お金があれば適当な相手にめぐり合えるのかと言う点に関して甚だ疑問ですが、家庭を持つにはお金がかかるというのは納得できます。

 

思うのですがお金が無いから相手を探せないってすごい理性的ですよね。馬鹿だったら金があろうが無かろうが好きになったら口説いちゃうんでしょうし、金が無くても結婚して子供を作ってる。馬鹿がいる限り子供を作る人間は出てくるわけですよ。反出生主義の全ての子供を産まないというのはここで破綻するわけです。

 

大多数の日本人が理性的になりすぎて、金が無い⇒結婚できない⇒だから結婚しないと言う、過程は違えど目的は反出生主義と同じになってる気がします。それがこの超少子化と言う結果ですよね。

 

ではどうしたら反出生主義から脱却して、と言うかそういう思想にならないような社会になるのかを考えたら、企業の談合をある程度許可し物品の価格を吊り上げるように仕向け企業に利益を産ませ、雇用や給与に反映させるようにすればいいのかなとか。もちろんトリクルダウンが起きないことはわかってるので人件費を営業利益とかの何%以上に設定させて内部留保から税金取るような仕組みを作れば上手く行かないかね?

 

結論:馬鹿がいるから子供は生まれるけど理性的な人間が大多数なので超少子化は続き、日本はここ50年以内に総人口が2千万人ぐらいになって移民に乗っ取られるのかなーなんて思っています。

 

追記:移民の社会になってマイノリティーになった日本人は出生主義者の子孫だと思うと胸が熱いです。

同じことを繰り返す重要性

「人は何故成長しなければならないのか」と言う主題で日記を書こうと思ったのですが考えているうちに本日の主題になりました。

 

結論から言いますと人間は成長しないのです。心や記憶のキャパシティーなんて生まれた時から変わりません。唯一変わることができるのが経験値です。同じことを繰り返しやることで物事のルールが分かり対応が早く的確になります。

 

仕事も同じで研究開発職でもない限り新しい事はほとんどありません。営業でも事務職でもやることは一緒。ルールを覚えてしまいさえすれば惰性で仕事できます。研究開発職に関してはやった事あるのでわかりますがあれは天才じゃないとダメだ。物事のひらめきがすごい人じゃないとやっていけないので今回は除外します。

 

だから一つの仕事を繰り返す事ってすごい大事なんですよね。最初は頭で考えますがそのうち体が勝手に動き出して仕事を自動化してくれるから。

 

たまに「人間は成長していく生きものだ」とか言う人もいますが成長なんて全くしてないんですよ。覚えたことをこなしているだけ。俺すげー成長した!仕事超できる!とか思ってる人たまにいますけど違うんですよ、体が覚えちゃっただけ。

 

でもそれでいいんです。仕事を迅速に回すには経験則が一番大事。馬鹿なんだから馬鹿らしく体で覚えちゃえばいいんです。PDCAなんて馬鹿にぴったりなんですよ。だってルーチンですからね。

 

石の上にも3年と言いますしとりあえず覚えるまで仕事やってみるってのも良いんじゃないでしょうか。とここまで書いて新卒向けな日記だなと思う次第です。

ドラマで泣くとか馬鹿かよwwwww

20年ぐらい前にフジテレビで放送されていた「僕の生きる道」というドラマがありました。主人公は真面目に生きてきたにもかかわらず28歳と言う若さで難病を患い最後は死んで今うという物語です。こう書くと全く救いがない話になりますが、人は必ず死ぬのでその死ぬまでにどう生きるかと言う主題になっています。

 

ドラマを見ていた当時、新卒で入った会社で仕事に追われて大変な日々を追っていましたがこのドラマを見たときに人生は仕事だけじゃない、他にも大事なものがあるんだと気づかされました。仕事も大事ですが自分の人生がもっと大事だと。

 

何のために働くかと言うテーマはこのブログでも何度か書いてますが、大多数の人がお金、生活をする為だと思います。だから仕事は真面目にやりますが、仕事に忙殺されては人生の意味がありません。お金を稼ぐのが手段で人生を楽しむのが目的です。

 

僕の生きる道はエンディングソングが槇原敬之さん作曲の「世界に一つだけの花」でしてこのドラマから有名になりました。この歌も名曲でしてお勧めします。

 

なんで生きているんだろうとかどうして苦労しなきゃいけないんだろうとか考える人も多々いらっしゃるかと思いますが、仕事は金の為だと割り切って自分の人生を楽しむのが一番です。もちろん仕事が楽しいという人は問題ないと思いますが。

 

ドラマの中にこういうセリフがあります。

「僕に自分で死ぬ権利なんてない。僕は生きる。人生最後の日まで」。

 

楽しく生きましょう。

親孝行って何って考える

そろそろボーナスの時期じゃないですか。6月に出るんですけどもはや私の中ではボーナスタイムですよ、ボーナスタイム。何に使ってやろうかと目論んでるんですがふと誰かの為に使ってみようと、親の為に使ってみようと思いまして。

 

思えば新卒で入ったなんとか電機では給料は良かったのに実家から遠く離れた地だったもので親孝行に何か使うとかしなかったんですね。一つだけ思い出すのは母に革の財布を買ったぐらいか。

 

今や完全に回復したこの私、そして仕事も順調。順風満帆な今こそ親孝行に尽くす時では無いでしょうか。

 

さて、では親孝行って何?って思ったんですがうちの親って金持ってるんですよ。だから私が出す金ぐらいの物なら自分で買えるんですよね。なのでもうここは美味しい食事でもと考えまして。

 

美味しい食事ってのも難しくて美味しいっていう感覚は人によって変わりますし私が美味しいと思っても親は美味しくないと思うかもしれない。とか考えてたらもうドツボにはまります。

 

もうズバンと決めて予算うん万円でドカンと食べてもらいましょう!美味しい割烹でも!ただまだ店は決めてません。店を決めるのも難しい。続きはボーナス後にまた。

社会に出たことが無い人 教師

旭川いじめ事件を知りました。全く許せない事件です。加害者の実名報道を望むところです。加害者はもちろんですが事件を隠蔽している市長、市職員、学校長、教師も許せないところです。

 

いじめに(間接的に)加担した教師についてもネットでいろいろ書いてありますが「彼氏とデートなので後日お話聞きます♡」とか常識しらずも良い所です。常識しらずってのは当たり前で教師は学校以外の社会に出たことが無いので社会の常識なんて知らないんですよ。そんな社会の常識を知らないクズ人間が子供に教育を教えるっておかしいですよね。お前がまず教育を受けろよと、あ教育は受けてきたのか、机上の勉強だけ。

 

「社会に出るのが嫌です、弱い子供に大人の権力を使っていう事聞かせます、あ、暴力はしませんけどいじめには加担します♡」っていうのが教師です。ゴミですよね。ほんとタヒんで欲しい。

 

旭川いじめ事件の担任教師も今後はまともな人生は送れないでしょう。マスコミはもとより報道系Youtuberやネットから粘着されるでしょうしね。まぁそれでも彼氏とデートしに行くんでしょうがw

仕事が人を苦しめるなんて本末転倒

毎日のお仕事ご苦労様です。私も今週の仕事を乗り切りまして家でまったりしております。毎日毎日色々あって大変ですがお金を稼げるし良い暇つぶしになります。お金を稼ぐための仕事なんだからお金は稼げないとダメだし、そもそも仕事に追われて生きていてはどうしようもない。何のために生きているのかわからなくなる。人生を豊かにする為にお金が必要でその為に仕事をしているのです。仕事をする為に生きているのではない。馬鹿にはそれがわからない。手段と目的が逆になっている。

 

今の所ロボットが全自動で仕事をする仕事は無くはないが少ないですね。まだまだ人の手が必要です。人間が仕事をするのだからミスもあるし、そのミスを可能な限り少なくする努力をするのはわからなくもない。しかしミスは出るものだしミスが出た後にどう処理するかが大事だと考えています。

 

ミスをなくすのは無理です。例えば東大の医学部を首席で卒業する人でもセンター試験は全科目満点は無理だそうです。数年前に一人出たそうですがそれぐらいのレベル。東大の医学部主席卒でもそうなのに一般人の我々がミスを無くそうなんておこがましい、正に神に喧嘩を売るレベル。馬鹿じゃないの。

 

私も仕事でミスをしまくっていますが別に死ぬわけじゃないし損するのは私じゃなくて会社だし雇ったのは会社だからミスってもどうでもいいです。そんなことより次の旅行の予定を考えるので精一杯。

 

ミスったら死ぬの?馬鹿なの?人生はそんなことよりも大事なことがあるでしょう。

 

平和の象徴ハト(ハトトラップ)

今日も今日とてYoutubeで動画を見ていましたらありました。久しぶりの大爆笑動画がこちら。

 


ハト様のお時間です

 


今回のハトはとんでもないヤツでした


いつものハトの帰宅

 

ハトぇ・・・、多少は疑えよ。何の疑いもなく罠にかかるなよw。